見学会を予約する

FUN!FUN!クラブ会員登録

まずは資料請求

メディア掲載情報

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

8人の購読者に加わりましょう

FUN!FUN!クラブ会員登録

ネットdeプランニング

ソラトピア

まずは資料請求

メディア掲載情報

© ZERO-CUBE工事プログ All rights reserved.

20164/18

地盤調査実施中!!

地盤調査とは、建物などを建てる時に必要な地盤の性質の把握などを目的として、地盤を調査することです。この地盤調査により、地盤の強度などが判明し、それに合わせて設計を行い経済的に建物が立てられます。

もし地盤が良い場所にだけ家を建てることができれば、家の基礎はタンタンな構造ですみ、その結果、建築費用は安くてすみます。その理由は、大きな不同沈下で家が傾いたり、地震発生時の液状化現象による被害を被る可能性が少ないからです。

しかし、ウォーターフロントがブームになってから以降、宅地はどんどん海の埋め立て地などに広がりました。その結果、地下水位が高い不良地盤地区も多々存在します。そのような場所で建物を建てると、建築後月日で基礎や家屋に歪みが生じ、扉が開かなくなったり、外壁に大きな亀裂というような事態も有りえます。

せっかく新しい建物を造るのですから頑丈であることにこしたことはありません。しかし、やみくもに基礎や柱に大金をかけてもその効果すら分からないのでは不経済です。例えば、とても軟弱な地盤の上に普通より少しだけ丈夫な基礎や柱を使っても、丈夫な家ができたとはいえません。

地盤・基礎・躯体(基礎より上部)は、とても密接な関係があり、地盤・基礎・躯体(基礎より上部)の関係を考えずに家を建てた結果、不同沈下を起こし、住むことができなくなったり、修理に莫大なお金をかけなければならなくなったりします。

ですから、あらかじめ地盤調査を行い、地盤対策を立てることが大切です。

では、また。

関連記事

ZERO-CUBE MINI(3棟)外構工事!

ZERO-CUBE MINI、外構工事施工中。玄関アプローチ階段のタイル張りと手摺取付け、各戸別のポスト取付、駐車場の土間コンクリートの施工…

ZERO-CUBE MINI,玄関アプローチ階段、タイル張り!

完成に向けて着々と工事が進むZERO-CUBE MINIカスタマイズ(キューブ城南)。合併処理浄化槽工事も終わり、玄関アプローチ階段のタイル…

ツーバイフォー工法、ZERO-CUBE STEP FLOOR,上棟

ZERO-CUBE STEP FLOOR 上棟(土台敷き)

[caption id="attachment_3337" align="aligncenter" width="1024"] Exif_J…

内装工事(パテによる下地仕上げ)

住宅の内装は、石膏ボードと呼ばれる板を貼り合わせ、その上からクロス(壁紙)を張ります。 その際、石膏ボードにはボードを留めたビスや釘の…

ページ上部へ戻る